スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
心温まる季節まで、あと…
寒さも早めに和らいできたかと思いきや、ため込んでいた分が一気に解放されたかのような週末の大雪

春の訪れはまだ先かと実感させられるも、心の温度がほんのりしていたり

そんな人も少なくないはず、なぜなら堂々と気持ちを伝えられる日が近づいてきたから


バレンタインデー



いつから日本はチョコレートがつきものになったのか…

その理由は大半の人が知っている

しかし、その理由は今回重要ではない

重要なのは、今まで述べた二つのキーワード

・ほんのり温かい
・チョコレート
             である



というわけで、いつもと違う雰囲気を醸し出してみました、すーです

先程も言ったとおり、もう少しでバレンタインデー

準備されてる方も多いはず

ちなみにただいま、限定スィーツの準備にあたふたしております

でもでも、貰う準備はやっしー共々万端です(笑)


貰えませんけどね(笑)

でも、いいんです。姐さん方からいじめられるから訳は言いませんが

と、どうでもいい話に流れてしまったので、戻したいと思います


今までに風のバレンタインで出してきたチョコフォンデュ

年が明けて早々、どうにかいつもと違う形で出せないか、これまでの経験総動員で考えていると浮かんできた一つのアイデア

「器に盛ったフルーツの上にフォンダンショコラを乗っけて、割ったときにフルーツにチョコが絡まるようにしたら面白いかも」

「食べ辛そうだし、グチャグチャのフォンダンショコラはなしだな」

これ僅か、10秒ほどの運転中の自問自答(笑)


でも、何かがずっと引っかかり、後日、パンを食べながらふと思い出したパンの起源

「パンは初め、器代わりだった」こと

「器ごと食べられる特別メニュー作れな…」

「あ、大きいフォンダンショコラの上くりぬいてそれにフルーツつければできるかも」

と、旨い具合に一つとなり、さっそく提案

定休日に試作を始めた一月半ば、課題は色々で、フォンダンショコラの大きさと甘さには苦戦を強いられることになりました

初めの試作では大きくて甘さの強いフォンダンショコラになってしまい、これでは胃もたれして2人で食べきるのも難しいという判断でした

大きさは小さくすればいいだけ、なのですが、このときすでに、一般的なケーキの型の中でも一番小さい型をつかっていたのです

さらに、甘さに関しては、砂糖をほぼ使っていないのに関わらず、甘さを減らすという難題

ここでは、どのようにしてこの課題をクリアしたのかは内緒にしておきます(笑)

ただ、そうして出来上がったのが、コレです



「フォンダンショコラのチョコフォンデュ」

単品 ¥1,200
プラスワンドリンク +¥300

お値段はお高めになっていますが、せっかくのバレンタイン、2人で仲良く食べていただきたいという思いで、ボリュームもプラスになっています

1日数量限定で、11日(火)~16日(日)までの期間限定でございます

この課題がどう変わったのか、皆さんの舌で感じてください

もう一つプチイベントを用意しておりますので別にご紹介します
スポンサーサイト
[2014/02/10 02:25 ] | 出来事
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。